心臓ドックで心疾患をスピード検知~最新の内科治療で健康体~

doctors

人気の内科を受診

急性期または休日診療

ワンポイント

食中毒でトイレから離れられないような場合は、平日ならば世田谷区内の内科の診療所へ行くと良いだろう。そのときはなるべく近所が望ましい。世田谷区内にかかりつけ医があれば、いざという時に迷わず行けるので、日頃から体調管理を全般的にしてくれるような内科の診療所がどこにあるか、気に留めておくことをお薦めする。休日に、インフルエンザやノロウィルスによる感染症にかかってしまった場合は、世田谷区内の救急病院に行くと良い。大きな病院なので、内科は必ずあるし、薬も院内処方または近隣の薬局で受け取ることが出来る。いざという時に、どこの救急病院へ行くか、予め調べておくと安心だと思う。また、世田谷区では、休日に当番診療所が内科の休日診療をしている。気軽にインターネット上で検索出来るので、調べてみると近くの診療所で休日診療を行っているかも知れない。

慢性的な疾患

花粉症や喘息等の慢性的な内科疾患の場合、まずは、世田谷区内にある検査等の医療施設の整った病院で、しっかりと病気の診断と説明を受けた方が良い。今後の治療方針などもよく相談して、納得してから地域医療を受けることをお薦めする。 その上で、継続的な診察や経過観察をしてもらうために、近くの診療所にかかれば安心だ。 こうした地域の診療所をかかりつけ医とすることで、からだ全体の健康管理が出来るし、小さな体調の変化などから病気の早期発見が出来る。 かかりつけ医が、必要と判断した場合は、世田谷区保健センターでMRI などによる精密検査を受けるよう案内してくれる。 しかし、健康は、内科医を始め医師が守るものではなく、自らが予防や管理に気を付けてこそ守れるものだ。まずは、自分自身の状態をチェックして、医療機関を上手く利用しながら、健康な暮らしを意識されたい。